Home>判例紹介

多重債務事件における判例

本判例の重要点
・ 取締役退職後も在職中の責任は負うことを認めた内容
・ 取締役の責任における直接損害とは何か、間接損害とは何かをきちんと整理して提訴した結果が、和解に代わる決定に反映されていること
・ 会社法第429条による損害賠償請求の構造が端的に示されていること






ページトップへ

京都寺町法律事務所

住所:〒604-0993 京都市中京区寺町通夷川上る久遠院前町671-1
寺町エースビル4階
TEL:075-222-7090
FAX:075-222-7091
Copyright (C) 京都寺町法律事務所 All Rights Reserved.