Home>判例紹介

一般民事事件における判例

取引継続中の時点で、取引先に対する信用不安が生じ、債権回収のための準備をしてから提訴したことが奏功し、同じ条件下にあった債権者に先んじて全額の回収を達成した事案

中小零細企業ほど、弁護士は「費用が高い」「敷居が高い」と敬遠し、早期の対応を怠る結果、甚大な被害につながりやすい。
本件の依頼者は、かつての当職の依頼者であり、取引先の対応がおかしいと思った時点で、弁護士に相談しようと思ったと説明している。
また、信用不安についても、取引を打ち切る前に、探りを入れる時間の猶予が確保できたこと、その他企業秘密に掛かる準備が出来たことで、相手方から予想される反論の芽をつぶした上で、提訴した結果、迅速な解決につながった。
弁護士に費用を払うのがもったいないと、自分での交渉を続けている退職した従業員、腹いせに突然予告なしにテナントを引き払った、別の業者は、未だにお金が返ってこない。


















ページトップへ

京都寺町法律事務所

住所:〒604-0993 京都市中京区寺町通夷川上る久遠院前町671-1
寺町エースビル4階
TEL:075-222-7090
FAX:075-222-7091
Copyright (C) 京都寺町法律事務所 All Rights Reserved.