Home>判例紹介

多重債務事件における判例

消費者金融取引の不連続性と錯誤に関する判例
事例は、最初の取引で不動産担保、取引終了による担保抹消後に証書貸付、間は3年半
最高裁の規範では、取引の連続性を認めるには事例として難易度が高すぎる。
2回目の取引の時点で、返還を受ける不当利得があることを知っていれば、返還を求めることで、同じ金融目的は達成できる。
目的の実現のために、より有益な方法があるにもかかわらず、それを知らない場合、知らないことの理由がどこにあるか、
騙した方に問題があることは間違いないだろうし、そのための救済手段の一方法だった。





ページトップへ

京都寺町法律事務所

住所:〒604-0993 京都市中京区寺町通夷川上る久遠院前町671-1
寺町エースビル4階
TEL:075-222-7090
FAX:075-222-7091
Copyright (C) 京都寺町法律事務所 All Rights Reserved.