Home判例紹介

一般民事事件における判例

交通事故における、相手方の鑑定意見における虚偽の事実を指摘し、医学博士による鑑定意見書として、相手方が提出した意見書は信用できないとした判例。ただし、原告の請求中、休業損害については、専業主婦としての賃金センサスを用いた方が年間所得が大きいとされ、建築事務所のアシスタントとしての業務ができなくても、主婦としての稼働は2ヶ月後には可能であったとし、全体の休業損害としては請求より低い認定がなされた。
本件の相手方である郵便局やタクシーバスなどの運行会社は、営業用の車両を一定台数保有する関係で、自分の会社が車両の損害保険の引き受けとなることができるとされている。
一方事故を起こした場合、保険会社ではなく自社でその責任を負わなければならないことから、何が何でも支払う損害賠償を低くするためになりふりかまわず主張をする傾向が認められるので、注意いただきたい。










ページトップへ

京都寺町法律事務所

住所:〒604-0993 京都市中京区寺町通夷川上る久遠院前町671-1
寺町エースビル4階
TEL:075-222-7090
FAX:075-222-7091
Copyright (C) 京都寺町法律事務所 All Rights Reserved.