Home>判例紹介

一般民事事件における判例

不動産の明渡執行における対象不動産の特定方法
普通は一棟の建物を丸ごと貸すので、対象不動産は登記の記載事項に合わせて特定すれば大丈夫なのだが、建物の一部、あるいは内部で仕切って別々の住居にした場合、相当面倒くさいことになる。
本件では、その特定の事例
弁護士にとって屈辱的なのは、相手方が裁判で争わないのに、請求の特定が不十分で強制執行できない判決をもらってしまうこと、そうならないために、特定をどうすることに神経を使わなければならなかった事案
でも、簡単な事案に比べて、より神経を使う応用事案であるから、基礎の知識習得にも役立つ
現場の執行方法もよく分かる。問題の特定箇所は、プライバシーの関係があるので、開示できない。そのような方法と執行もあるということ









ページトップへ

京都寺町法律事務所

住所:〒604-0993 京都市中京区寺町通夷川上る久遠院前町671-1
寺町エースビル4階
TEL:075-222-7090
FAX:075-222-7091
Copyright (C) 京都寺町法律事務所 All Rights Reserved.