Home>判例紹介

多重債務事件における判例

ハードシップ免責

個人再生手続において、再生計画の履行が4分の3を終了していること
申立時における財産目録記載の財産を超える返済がなされていること
再生計画の履行が不能になったことが、債務者の責任ではないこと
再生計画の期間を延長し、毎月の返済額を減少させても、返済が不能であること

条文の要件は、上記のとおり
これを全部満たす必要があり、再生計画が3年の場合、普通であれば、最後の9ヶ月間にそういう理由が生じることを要求される。
5年の場合には最後の15ヶ月なので、まだ確率的には、こちらの方が生じやすい。
下の事例も5年の事案

ページトップへ

京都寺町法律事務所

住所:〒604-0993 京都市中京区寺町通夷川上る久遠院前町671-1
寺町エースビル4階
TEL:075-222-7090
FAX:075-222-7091
Copyright (C) 京都寺町法律事務所 All Rights Reserved.