Home>判例紹介

多重債務事件における事例

多重債務の事件を扱う弁護士にとって、CFJ(ディックファイナンス、アイク、ユニマット)という業者は有害な企業であることに異論を差し挟む弁護士は少ないはずである。
なお、CFJという業者は、過払いの返還に利息を付さずに請求する弁護士には、任意整理でも利息を付けずに和解すると公言してはばからない。
過払いを請求する依頼者と任意整理の依頼者は別であるから、その弁護士は依頼者の不利益をもって別の依頼者の便宜を図ると言っているに他ならない。
無論、掛かる行為は弁護士の倫理に反するが、倫理上の問題だけではなく、刑法上も背任罪であろう。
まともな弁護士であれば、任意整理の事案ではここぞとばかりに、提案には応じず、利息制限法すら超過する遅延損害金率を請求するCFJの存在を疎ましく思って当然である。
いろいろと模索していた手段の中で奏功した事例である。
この方法はもう少し大規模に行えばかなり効果的なはずである。
CFJの事件はお任せ下さいと何の根拠もなく、宣伝している弁護士がいるが、辞めた方が良い。
ホームページの判例が物語るように、CFJ(ディックファイナンス・アイク・ユニマット他)の事件は、当事務所に依頼されてはいかがだろうか。少なくとも根拠は示すことができるし、日本全国のどこの弁護士よりも高い水準で事件処理出来ると言って良いと思う。





もう一つの事例は、大阪簡裁の裁判を通じての出来事







ページトップへ

京都寺町法律事務所

住所:〒604-0993 京都市中京区寺町通夷川上る久遠院前町671-1
寺町エースビル4階
TEL:075-222-7090
FAX:075-222-7091
Copyright (C) 京都寺町法律事務所 All Rights Reserved.